Monthly Archives: 6月 2016

メジャーな資産運用商品一覧。

Posted by admin on 6月 18, 2016
資産運用 / No Comments

資産運用に興味がある方、たくさんいらっしゃると思います。
こんなご時世ですから、少しでもお金を稼ぎたいと考えるのは当然のことですよね。
ですが、調べれば調べるほど複雑な資産運用の種類。
少しでも分かりやすくご説明できるよう、メジャーな商品に限定して、それぞれを比較してみました。

●預金
おそらく最も多くの方が利用している資産運用です。
銀行に預け入れておくことで金利を受け取っていますので、資産運用商品となります。
元本が保証されているためリスクはほとんどない一方で、その分金利もほぼないも同然と言えるでしょう。

●外貨預金
日本円を外貨に両替して日本の銀行に預け入れておくという資産運用です。
国内預金と比べてもより高い金利が期待できるだけでなく、為替差益を狙えるのもポイント。
ただし、為替差益が生じれば元本割れになってしまうリスクもあります。
さらに両替時に発生する手数料がかなり高額です。

●個人向け国債
国が発行する債券を個人で購入します。
満期には額面金額のお金が返還されますので安全性も高く、1万円という少額から始めることも可能。
とはいえ換金は最短でも1年後となっており、不便さを感じる人も。

●投資信託
株式投資において、資産運用のプロがトレーダーから資金を集めてそのお金で代理的に運用を行ってくれます。
そのため、株に関する専門知識が必要ありません。
少額資金で始められる一方で、市場全体が落ち込むことによる大きな損失(かつてのリーマンショックなど)が出ることも否定できないでしょう。

●株式投資
企業が発行する株式を価格が安くなっているときに購入し、高くなったら売却することで利益を狙います。
株券を購入することで配当や株主優待と言った制度があるのもポイント。
ただし対象銘柄の企業の情報を把握しておかなければならないことや、1700以上ある銘柄の中から選ぶことに手間や時間がかかるので初心者は慣れるまで大変かもしれません。
しかも株主になっている企業が倒産すればただの紙くずに。

資産運用のための自己分析。

Posted by admin on 6月 08, 2016
資産運用 / No Comments

資産運用をしている方のブログを見ていると、割と多くの方が「自己分析」を重要視していることが分かります。
なぜ投資に自己分析が必要なのか、あまり関連性があるとは思えないという方、多いのではないでしょうか。
その理由に、
「投資と言ってもさまざまな金融商品があり、それぞれに特徴があります。なので、自分に最適な投資を見つけることで利益を上げやすくなる」
ためだそう。
では、投資を始めるにあたってどのような自己分析が必要になるのか、いろいろな方のブログを参考に以下にまとめてみました。

●自分の収入・支出を把握する
日常生活でどのようなお金の流れになっているのか、見直したことはありますか?
収入はいくらで、支出はこれぐらい・・・ときちんと把握することがとても重要です。
もう少し具体的にご説明すると、一か月あたりの
・収支
・貯金額
・借金額
をしっかりと把握するということになります。
できれば家計簿をつけてきっちりと管理をすることで、余剰資金が見えてくるのでおすすめ。
ポイントは、余剰資金で投資を行うということ。
そうでなければ日常生活に支障が出てしまいます。
収入の中から投資に使えるお金がどれぐらいあるのかを明確にしておきましょう。

●手間や労力をかけず、少額で投資をしたいなら
おそらくほとんどの方がお仕事をしている状態で投資を始めようとしていると思います。
だからこそ、普段の仕事をないがしろにしない投資が目標なのではないでしょうか。
一日中相場に張り付かなければならないような投資は、おそらく仕事をしているうちは不可能でしょう。
だからこそ手間、時間、労力をかけることなく、さらに少額で始められる投資に魅力を感じるのではないかと考えます。
そのような投資にはどのようなものがあるのか、ご興味がある方はしっかりと調べてみてください。

●ハードルが低い金融商品を探すなら
投資にとってハードルが低いというのは、「ローリスクローリターン」であることです。
少額で始められるだけでなく、安全性が高いので損失を出しにくい、出したとしても多額ではない、といったところでしょうか。
このような商品は、たとえば国内債券や生命保険が挙げられます。
一般的なサラリーマン向けの金融商品と言えるでしょう。